キャッシング審査(お金を借りる審査)の実態

クレジットカードを新規に作る時も本人が確認出来るものが必要ですが、キャッシングを申し込みをするときも本人が確認できるものが必要です。 パスポート、運転免許証、保険証、住民票など。 通常なら運転免許証を提示する人が多いのでは。 私はこの間クレジットカードを新しく作りましたが、身分証として運転免許証を提出しました。 運転免許証の提出が一番いいのでは?と思っていました。 運転免許証は顔写真も載っているし、自分の身分を保障するには一番いいと思いませんか? でも違うみたいですよ。 何を提示しようとその人の自由ですが、保険証の提示が一番いいみたい。 なぜでしょうか? 保険証は職業によってタイプが違います。 公務員なら公務員共済健康保険証、サラリーマンなら社会保険証ですよね。 国民保険証は年金暮らしの人。また、無職でも入れます。 キャッシングの審査においては公務員共済健康保険証に加入していることはかなり良いみたい。 逆に国民保険証は、好印象とはいかないようですね。 まあ、運転免許証や住民票などと変わらない程度の信頼度はあるでしょうが。 お金を借りる為の審査を申込めば公務員ならかなりの確率で審査に通ると聞いたことがあります。 サラリーマンなら大手一流企業、それに公務員なら融資が通りやすいと聞きませんか? やっぱり公務員と言う立場の安定度が強固な職業なら キャッシングを利用してもらっても安心と言う考えがあるのでしょうか? 昨今はキャッシングするならスマホから消費者金融にお金を借りるのが便利です。

<参考>http://xn--7-d8tsa9a2sg1cy335bvrcdz3v.sakura.tv/turcp-org/


|株式会社三井住友銀行のネットバンキングは本当に便利です。

メニュー